時計修理 オーバーホール

時計修理・オーバーホールで検索している人に見て欲しいサイト

MENU

「時計 修理」「時計 オーバーホール」で検索されている方に

「時計 修理」や「時計 オーバーホール」のキーワードで検索されている方へ。
特にロレックス・オメガをお持ちの方向けにサイト作成しています。

 

大切な時計を正規店に出すかコスト面から修理業者にお願いするか迷われている方も多いようです。
当サイトではそんな方に向けて失敗しない修理業者の選び方を中心にオーバーホールに役立つ情報を配信しています。

機械式時計にオーバーホールが必要な理由

機械式時計は電池などで動く時計と異なり、内部のゼンマイを巻く事で動きます。

 

内部の仕組みは常に動いており、時間が経過すると潤滑油は乾燥しますし、部品は摩耗していきます。
その結果機械式時計の時間の正確さも徐々に失われてしまい、時計としての機能が低下してしまいます。

 

またゴムパッキンなどのパーツに関しても、使用年数に応じて消耗していきますので長年使うとすると交換が必要になります。
オーバーホールによる整備を行わない場合、部分は消耗していきます。
ゴムパッキンが摩耗すれば、防水性能が低下しますし、内部に錆びなどが発生する可能性も高くなり、デザイン、機能共に消耗してしまいます。

 

整備を行わない場合も10年位は使用可能と言われていますが、その時点でオーバーホールを依頼した場合消耗が激しい状態での依頼になります。
その場合回復に新品の時計並の費用が必要になる場合もあり、それ以降その時計を使うオーナーは少ないです。

 

大抵は買い換えを行いますので、整備を行わない場合はその時点が時計の寿命とも言えます。
その為長期間同じ機械式時計を使いたい場合は、3年から5年ごとのオーバーホールを行い、定期的なメンテナンスをする必要があるのです。

 

オーバーホールはメーカーでも行えますし、一般の時計修理工房でも依頼可能です。
オーバーホールによる整備を行う事で機械式時計は長く愛用していく事ができます。

 

時計によっては30年以上使える場合もありますし、アンティークの域に達するまで使う事が出来るものもあります。

時計のオーバーホールは修理業者に出す方がお得です

時計のオーバーホールはメーカー修理を依頼すると状態にもよりますが、かなりの費用がかかります。

 

修理に関しては見積もりが出ますので突然費用を請求される事はありませんが、新品の時計と同様の費用がかかる場合もあります。
メーカー修理の場合は基本料だけでも4万円以上かかる会社もありますし、定期的なメンテナンスを行うとなるとかなりの費用になります。

 

比較して時計修理業者の場合は正規のメーカーの3割引き程度から請負をしている場合もあります。
メーカー修理と比較して安価に済ませる事が出来るのが、時計修理業者のメリットです。

 

ですが高級な機械式時計の場合は交換用の部品なども高額になります。
その為、半額以下や激安な修理業者の場合技術に不安がある場合もあります。

 

部品交換にブランドの正規品以外を使用していたり、専用の修理器具を使用していない場合もあります。

 

確かに安価には済ませることは出来ますが、その代わりに高級な機械式時計の価値が失われてしまう場合もあるのです。
その為、修理業者に依頼する場合は信頼のおける実績ある時計修理業者に依頼する必要があります。

 

ロレックスなど専門に扱っている業者もいますし、独自のメーカーを得意としている業者もあります。
激安ではありませんが、5年に一度オーバーホールをすると考えると総合的な費用にはかなりの差が出てきます。

 

メーカー修理は安心感がありますが、費用を考えると難しい場合もありますので割安で安心して任せる事の出来る業者に依頼する事は良い選択肢の1つなのです。